医師による処方薬の安全性

若いときは全然なんともなかったが、中高年になるとインポテンツの症状があらわれてくる人がいます。
中高年だと半数近くがこのような症状がでてきます。
また若い人でもストレスなどの影響を受けてなる人もいます。
みんなインポテンツになってしまうと、どういった形で改善するべきかと悩みます。
サプリメントを買ってきて飲んでみたり、精がつくドリンクや食べ物を食べてみたりします。
結局のところインポテンツを治したいなら専門医に改善薬を処方してもらうのが一番効果があると思います。
またインターネット通販などでインポテンツ改善薬が販売されていますが、危険だと思います。
バイアグラなどを服用すると顔のほてりや頭痛、鼻づまりなど副作用が出る場合がありますし、薬の飲み合わせもありますので医師の診察を受けるべきです。
ちゃんと医師に相談し、問診を受けその人にあった薬が処方されるので医師から処方してもらうべきです。
インターネットの通販の薬だと、その薬自体の成分が何を使っているのか保障されておらず危険です。
また改善薬は最近ではバイアグラのほかにシアリスやレビトラなど種類も多くなってきました。
またジェネリックまで出ています。
その改善薬の中でもとくにシアリスは副作用も少なく長時間効果があるという夢のような薬で人気があります。
バイアグラは空腹時に服用しなければ効果が半減しますが、シアリスはカロリー制限がありますが、食事と併用しても効果がでます。
長時間効くのもよいですが、副作用がバイアグラやレビトラに比べて少ないところが優れています。
人それぞれ、どの薬が自分に合うかわからないので医師の指導のもと飲み比べて自分に最も効果がある薬を見つける方がよいでしょう。