EDの予兆・タイでシアリスを直接購入

ED(勃起障害)の予兆には、中折れ、朝立ちしない、不感症(遅漏)、性欲減退の4つがあります。大抵はこれらが組み合わさって予兆としてあらわれます。
一時的にならば気にしなくても良いですが、何週間も続いているようであれば、ハイリスクな可能性があるので注意しましょう。
すでにEDになってしまったという人は、治療方法としてシアリスなどの治療薬を使う方法があります。シアリスなどのED治療薬は日本では未承認なので、入手する場合には個人輸入して海外から取り寄せる必要があります。個人輸入というと法律に反しているような響きがありますが、個人使用の目的であれば合法です。ただし、人に譲ったりすることは、家族内でも禁止されています。
だったら海外に行った時に直接買えば良いのではないかと思うかもしれませんが、それも確実な方法とは言えません。また、場合によっては法に触れる事もあるので、注意が必要です。
タイで直接購入するという場合には、偽物に注意した方が良いです。精力剤系の大半は偽物が出回っていると言われています。
また、海外で買った薬を持っていると、税関でチェックされて取り上げられてしまう事もあります。個人輸入の場合でも、業者を通さずに自分で手続きをすると、税関の審査が入って没収されてしまう事もあると言われています。海外でED治療薬を買う時には、偽物と税関のチェックには気を配っておくことが必要です。
やはり確実に合法に入手するならば、病院で医師から処方を受けるか、個人輸入代行業者を通して入手するのが良いでしょう。海外で買ってしまうと箱の表示が読めなくて偽物を売りつけられたり、高額な金額を請求されてしまう危険性もあるからです。